Hで2回戦以上できない原因と対策

Unhappy husband

1日に何回でもセックスができたら幸せではなかろうかと思う。実際セックスする前は往々にして、「今日は2回、いや3回やってやる!」と意気込んで1回で終わり。そんなことが今まで何度あっただろうか。

やる前はセックスのことを考えただけで勃起するくらいに興奮と期待をもっているのにも関わらずだ。なぜこんなことになるのだろうか。自分の中の本能はなぜなりを潜めてしまうのだろうか。

ただ意外なのは1回目を終わった時に2回目ができないと悟るわけだが、その時に不満に思うことがないということだ。つまり1回で十分に満足している自分がいる。だからその時は2回できないからと言って、特に何も思うことはないのだ。

しかし翌日になって気付く。せっかくの機会だったのになぜ1回しかセックスしなかったのだろうと、後悔の念が頭をもたげる。全く皮肉なことである。昨日は十分に満足していたのにも関わらずだ。要は頭では何度もセックスしたいと思いながら、体はそうではないとうことだ。

その理由はいくつか考えられる。

まず一つは精力不足。セックスとは子孫を残すための必要な行為であり、主たる目的は妊娠である。本能的には妊娠の確率が高いセックスほど価値の高いセックスとなりうるわけだ。そして妊娠の確率は精子の数に大いに左右される。精子欠乏症というのがきいたことがあるだろうか?そのままの意味で精子が0ではないものの、非常に少ないために妊娠が難しい状態のことを指す。つまり精子が少ないと妊娠が困難になり、精子が多ければ妊娠しやすくなるということだ。

となるとできれば精子が多い状態でセックスをするべきで、どうやら本能もそれを理解しているように思えるのだ。例えば精子が溜まっている状態、つまりオナニーやセックスなどで長らく射精していない状態だと、好意の際に快感が増したり興奮が増したりするのは男性諸君ならご存知だろう。また射精によって出る量も増える。

つまり精子が溜まっていると快感が増すのは、今なら妊娠の確率が高いから感度と興奮度を上げて、射精を促そうとしているのではないかと私は考える。

その逆を考えるとさらにわかりやすいかもしれない。射精直後はほとんどセックスしたくなくなる。その理由は射精直後は精子が少ない状態のため妊娠の確率が低く、セックスする必要がないと本能が判断しているのではと考えられる。別に難しい話ではない。

精子がある⇒セックスしたい

精子がない⇒セックスしたくない

この論理で行くと、2回戦目を行うためには精子がある程度溜まっている状態で臨むほかない。考えられるのは1回戦目直後に急速に精子が生成するか、1回目の射精で精子を使い切らないかの2択だろう。現実的に考えれば前者は難しいだろう。数時間単位では回復するだろうが、1回戦目の流れで2回戦目を行うのを目的とすれば厳しい。

なので2回戦目をやるには1回の射精で精子を使い切らないということになる。そんなことが可能なのかと思うかもしれないが、朗報がある。基本的に1回の射精では溜まっている精子の約1/3しか消費しないということだ。

つまり2/3はまだ残っている。しかし2/3も残っていながらなぜ2回目のセックスができないのかというと、セックスしたくなる精子量の臨界点が絶対値として存在していて、その値に達していない可能性がある。

例えば精子が50溜まっている場合、1回の射精すると残りの精子は約33となる。しかしセックスしたいと思うのが40を超えてからの場合、2/3が残っていてもセックスできないのだ。しかし100溜まっている場合は1回射精しても、残り約66となりまだセックスできる。さらにもう一度射精しても残り44で、この計算であれば3回セックスできることになる。

ここで疑問なのは1週間以上射精しておらず、精子は完全に溜まっているはずなのに2回戦目ができないのはなぜかということだ。それには精子を溜められる絶対量に個人差があると考える。

上の例では50溜まっている場合と100溜まっている場合を例に挙げたが、どんなに射精を我慢しても100を溜められない人が存在するということだ。もし50までしか溜められないとすれば、2回戦目をすることができない体質であるということになる。

しかしこの絶対量は増やすことができるとも考えている。かなり長くなってしまったので精子の増やし方については次のページで解説していく。