2回戦目になるとイケなくなる

Young troubled man and his pleasant girlfriend in bed

2回戦目まではこぎつけたものの、いくら腰を振ってもイケない。いやイケないどころか、そんなに気持ちよくもないというのはよくある話だ。せっかく勃起までしたのに大変に残念なことである。男のセックスの目的はやはり射精であるからだ。

ではなぜこのようなことが起こるかと言えば、一つは精子不足。もう一つは感覚の鈍化だ。精子の量と快感がリンクしているというのは確実だ。溜まっていれば溜まっているほど快感は増して、射精までの時間が短くなる。不足していれば快感は減り、射精までの時間が長くなる。もしくは射精できるほどの快感を得られなくなる。しかし鈍化しているだけで、性的興奮が冷めているわけではない。なので勃起はし続けて射精したいというムラムラした気持ちだけが取り残されてしまうのだ。

特に風俗店の譲などは手を焼いているケースが多いようだ。2回目をイカせようと頑張るがなかなかイッてくれない。結局時間がきてしまって、中途半端な状態で終了という微妙な結果になる。そうなれば必然的に譲への満足度も減ってしまうから譲も必至だ。

なので2回戦目で確実に射精したいのであれば、精子を溜められる量そのものを増やして、精子をパンパンに溜めてから行くことが大切である。さらにできればオナニーも手でしごくものから、オナホールに変えたほうが良い。実は手でしごくオナニーは陰茎の感度をかなり鈍らせてしまう。その証拠にこのようなオナニーを毎日のようにやっているひとは、いざ本番の1回戦目であっても、感度が鈍ってしまい射精ができなくなってしまうことがあるのだ。そのことを遅漏とか膣内射精障害と言う。ではなぜオナホールに変えたほうがいいかというと、オナホールで得られる快感は限りなく挿入の快感に近い。

手でに握るオナニーは主に竿や皮に刺激を与える方法だが、セックスは主に亀頭の摩擦による刺激だ。つまり全く異なる方法で刺激を与えていることになる。この手で握るオナニーの快感になれてしまうと、亀頭での刺激に鈍感になってしまうのだ。手で握る力は膣で締め付ける力よりもはるかに強い上、しごくスピードも腰をフルスピードよりもはるかに速いので、挿入の刺激では物足りなくなる。

なので2回戦目で確実に射精したいなら、パンパンに精子を溜めること。またオナニーをどうしてもしたいなら、オナホールに切り替えることだ。精子の生産量を増やしたいのであればこちらのページでも解説しているが、私はマカエンペラーという精力剤をおすすめしている。

ちょっとしたコツ

勃起して2回戦目の挿入はできるのだが、射精までいけないという悩みは多い。これも同じく精子の量が少ないため、本能的に射精する必要がないと感じてしまっているためだ。しかしせっかく挿入できてるのだから何とか射精までいきたいところ。そのためのちょっとしたコツを伝授する。

まず1回戦目は自分が一番イキやすい体位あまり使わないということだ。おそらく射精する際の体位の多くは正常位だろう。これは興奮がどうこうではなく、一番動きやすいために快感を得やすいからだ。もちろん個人の好みにもよるので、正常位でなくとも良いのだが、自分のイキやすい体位は2回戦目の楽しみとしてとっておく。

精子のたまり具合とは別に、同じ刺激だとどうしても陰茎が慣れてしまって快感を得づらくなってしまう。だから陰茎が鈍感になってしまう2回戦目は自分が最もイキやすい(感じやすい)体位でやることをお勧めする。

またもし相手が2回戦目をあまり望んでない場合は、相手も快感に集中できておらず締まりが悪くなるために、間接的に男性もイキずらくなる。この場合は相手を慮って2回戦目をやめるか、しっかりと前戯行ってその気にさせてから2回戦目に突入する必要がある。とはいえ相手があってのことなので、相手の気持ちも尊重するようにしたい。

さらに1回戦目の後すぐに勃起ができたとしても、挿入まではあえて時間をあけるのも有効だ。イッた後というのは特に鈍感になっており、挿入してもあまり気持ちよくない。一度でも「あれ、気持ちよくないな」と思ってしまうと、それを引きずってしまうことになる。なので勃起しても陰茎が感覚を取り戻すまで挿入は控えるようにしたい。

しっかりと精子を溜める

2回戦目をするには精子をためておくことが大切だと結論付けた。さらに精子を溜める量には限界があるが、サプリなどで限界量を増やすことができるとも論じた。あとはしっかりと精子を溜めるだけであるが、もちろんオナニーなどで精子を浪費してはいけない。

おそらく精子を溜める限界量を増やした上で精子をパンパンに溜めると、それこそ10代の頃のような性欲・ムラムラに襲われることだろう。精子が多ければ多いほど妊娠の確率が増えるため、本能が射精を促すためだ。

ではいったいどれくらいで精子は溜まりきるのだろうかというのが次の疑問である。一般的に言われているは3日前後だが、私としては承服いたしがたい。というのも3日我慢したときと、1週間我慢した時では出る量も違う上、明らかに快感も増している。

話はまた精子を溜める量の限界に戻る。まず1回の射精で溜まっていた量の約1/3を放出するため、溜まっていた量によって大きく変わる。例えば溜められる限界が100で限界まで溜まっていた場合は33消費するが、限界が50で限界まで溜まっていた場合は16を消費する。減る量が変わるわけだから、回復にかかる時間も変わってしかるべきだろう。

つまり精子を溜められる量が多ければ多いほど、満タンに回復するまでの時間を要するということである。さらに100まで溜まっていた場合は、1度射精してもまだ性欲が収まらない可能性が高いため、2回、3回と射精すれば残りは29となり、満タンまでに約70を回復させなければならない。よって100まで溜められる場合は、消費量も多い分満タンまで時間がかかる。別に難しい話ではなく、当然と言えば当然だろう。

個人的には精子を溜められる量には自信がある方だが、私の感覚では1週間ほどで満タンになっている気がする。それ以上溜めても、精子が出る量に変化がみられないからだ。さらにコップの考え方から言えば、満タンに近くなればなるほど回復の溜まるスピードは落ちてくる。もしかしたら1週間以上溜めることで、ほんの少しずつ溜まっているのかもしれないが、それは誤差の範囲ほどだろう。

つまり精子が満タンになるまでの時間は、もちろん消費した量にもよるが、3日~7日とすることができる。なのでセックスで2回戦目をしたい場合は、1週間ほど我慢すれば十分である。もし1週間我慢しても2回戦目ができない場合は、精子を溜められる限界量が低いということだ。

ただもう一点注意しなければならないのは、溜めすぎはあまりよくないということである。特に妊娠を望む場合はなおさら注意が必要だ。11日以上射精せずに溜めていると、徐々に精子の運動量が落ちるというレポートがあるためだ。真意の程はわからないがどうせ1週間以上溜めても意味がないのだから、オナニーでも何でも発散してしまうのがいいだろう。

精子の貯蔵量を増やす

セックスで2回戦目ができないのは、精子が少ないからだと結論付けた。しかし射精をいくら我慢して精子を溜めても2回戦目ができる人とできない人がいるのはなぜかという疑問に、精子を溜められる絶対量があるという考え方が答えとなる。そしてこの絶対量は個人差があるが、増やすことができるというのを解説していきたい。

まず精子は毎日止まることなく作り続けられている。しかし作り続けるだけでは貯蔵しきれなくなってしまうため、古い精子はタンパク質として体内に吸収されていく。そのため射精をしなくても常に新鮮で活きのいい精子を保持することができる。オナニーをすることで精子を入れ替えるというのは誤りなのだ。

では夢精は何のためにあるのだろうかというのが疑問になる。精子の入れ替えに射精が必要なければ、わざわざ強制的に吐き出す必要がない。そもそも夢精とは10代に起こりやすいが、その理由は精子が作られる量が非常に多いからだ。

古い精子を体内に吸収するスピードを上回る速さで新たな精子が作り続けられるため、強制的に排出するほかない。だから夢精は非常に精力が強い10代に起こりやすく、歳を重ねるて精力が落ち精子の生産量が少なくなると起こらなくなる。

ここで疑問になるのが、もし生産スピードと吸収のスピードが一定であれば一向に精子は溜まらない。逆に少しでも生産のスピードがあれば増え続けるはずで、夢精が起こってもおかしくない。にもかかわらず一定までしか溜められないのはなぜかということだ。

おそらく生産のスピードは一定だが、溜まっている量に応じて吸収のスピードが変わるのだろうと考えられる。溜まっている量が多ければ吸収スピードが上がる。要は穴の開いたコップに水を注いでいるイメージだ。

開いている穴は非常に小さく、少し溜めたくらいでは表面張力によってほとんど水は漏れない。しかし溜まる量が多くなってくると、水圧が上がって漏れる勢いが強くなる。こうして注ぐ量と漏れる量が均衡したところが精子を溜められる絶対量となる。

この考え方で言うと、夢精は水を注ぐ勢いが強すぎて穴から漏れるのでは間に合わず、コップの口から水が溢れている状態となるだろう。つまり水を注ぐ量を強くすることで溜められる絶対量を増やすことができるのだ。

ではどうやって精子の生産量を上げるかというと、ズバリ精力剤が一番だろう。精力剤と言うと怪しまれるかもしれない。亜鉛やアルギニンを含むサプリメントと言った方がいいだろうか。

精子の生産にはこの2つの成分が非常に重要だ。精子そのものにも亜鉛とアルギニンは多く含まれており、アルギニンの粉末などは精子に近しい匂いを発するくらいだ。

なぜマカが精力剤によく使われるのかご存知だろうか?マカには多量の亜鉛とアルギニンが含まれているからだ。なんとなくマカには精力アップの効果があるイメージだが、このようにある程度科学的な理由がある。

セックスで2回戦目を迎えるために!2回戦目をする方法にも書かれているが、昨今の精力剤は昔のような怪しいものばかりではなくなってきている。今でもドリンクや薬のような怪しいものもやはりあるが、健康食品としての精力剤というのが人気になってきているのだ。

要はビタミンのサプリなどと一緒で、目的に対して必要な栄養素を毎日しっかりと摂ろうということだ。そのためセックス前にグイッと飲めばたちまち効果を発揮するなどと謳うという怪しいものとは一線を画す。

私はマカエンペラーを愛用しているが、ご覧のとおり別に怪しいものではなく普通の健康食品である。ちなみにセックスであれば1日3回はできる。4回目でも勃つが体力がもたないためセックスはさすがにできない。しかし体力を消費しないオナニーであればいまだに1日10回できる。皮が痛くなるのでそこまですることは少ないが、それだけの効力を発揮してくれる。